“魔界”の読み方と例文
読み方割合
まかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
従類眷属りたかつて、げつろしつむ、呵責魔界清涼剤ぢや、差置けば人間気病ぬとな……
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
これが節分である。大都會喧騷雜音に、その、そのるゝものは、いつか、魔界消息無視し、鬼神隱約忘却する。……
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ぐる/\といでつて取着いてつてる。と矢間かつた。魔界であらうとふ。が、猶予もなくちに三階目る……
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)