“阿吽”の読み方と例文
読み方割合
あうん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そもそも伊賀流の秘訣というは阿吽の呼吸これ一つじゃ」老人は静かに説き出した。「と閉じれば姿が消え、と口を開けば姿が見える。吽の間の長い者こそ流儀の極意の体得者じゃ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
この表現を高潮させるには、先ず自分の性格、意志、感情なぞと同時に阿吽の呼吸までも相手にわからぬようにソーッと殺してうので、この辺は自分の「鼻息を窺っ」ているようにも見えます。
鼻の表現 (新字新仮名) / 夢野久作(著)