蔦葛木曽棧つたかずらきそのかけはし
「福島は今日から馬市で、さぞまあ賑わうことだろう」 「福島の馬市も馬市だが、藪原の繁昌はまた格別じゃ。と云って祭りがあるのではないが、藪原長者の抱妓の中に鳰鳥という女が現われてからは、その顔だけでも拝もうとして、近在の者はいうまでもなく遠い …
作品に特徴的な語句
退 あおのけ とむろ つが 湿にじ つきもの わりゃ いまし おのず 嘲笑わらわ はか 可憐いとお 生活くちすぎ さば 容易めった よこしま かば まじろ すぐ かぐわ 大概おおむね 周章あわた 誘惑ひきつけ しかし 機会すき 正直まっとう おんな 嘲笑えみ 態度とりなし 情夫おもうおとこ 悪戯からか そなた 焦心いきりだ 通過よぎ みずから 女郎あま 着物めしもの いろ 人間もの 誘惑そそのかし かわ すばや まく あざ 光景ながめ わずらわ 莞爾にこやか 出立 まが 精神こころばえ うつろ シバラ たばか かっ イワ 可愛いとし かわ 徘徊たちまわ 囈語さえずり 奇怪けぶ いきつく 以前まえまえ わい 全然まったく 退 空腹うえ たば 前方かなた 白痴おめでた 瞬間またたく 行動たちい 平和ぶじ くね わし かんば 決定きわま よそお 何程いく 主人ぬし うなり さかしゅ 手練てぎわ 嘲笑ひやか 象徴あらわれ