“何程”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いくら30.6%
なにほど22.4%
どれほど19.4%
なんぼ11.2%
いかほど6.1%
どんな4.1%
どのくれえ2.0%
どんなに2.0%
いく1.0%
いつかばち1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
揃っていれば、勿論こんな店にあるべきものではないはずだが、それにしても何程というだろうと、を聞くと、ほんの端金だった。
骨董 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
其時貴方に、解悟ひなさいとか、眞正幸福ひなさいとか効力して、何程ふことがりませう。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
只だ人生の保証として、又事実として自分の有して居る感覚に何程の力があるか、此れを考えた時に吾々は斯く思わずには居られない。
絶望より生ずる文芸 (新字新仮名) / 小川未明(著)
何程すれつからしなんだんべさんは、他人のこと本當に」とおつぎは手桶いてんだ博勞げた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
何程ばかりで是は御譲りに成る御積りなんですか。』と亭主は丑松の顔を眺めて、さも持余したやうに笑つた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
心の有りたけを言ふのですよ——私だつて道時のことでは何程耻づかしいことでも皆な打ち明けて、貴嬢に御相談したでせう
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
その親の子だからしてに、源さも矢張あの通りだ、と人に後指をさされるのが、私は何程まあ口惜いか知んねえ
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「よう御座んす。沢山仰い」と奥様はすこし甘えて、「ですがねえ、桜井さん、私は何程酔いたいと思っても、苦しいばかりで酔いませんのですもの」
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「何、うめあわせをせよというか。いと易いことじゃ、何程らでもしよう。鉄棒の刺身はいかがじゃな」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
だって何程のこともあるめえ。と落着く八蔵。得三はを振り、いや、の奴と違う。ありゃお前、倉瀬泰助というて有名な探偵だ。見ろ、あの頬桁を。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)