骨董こっとう
骨董というのは元来支那の田舎言葉で、字はただその音を表わしているのみであるから、骨の字にも董の字にもかかわった義があるのではない。そこで、汨董と書かれることもあり、また古董と書かれることもある。字を仮りて音を伝えたまでであることは明らかだ。 …
作品に特徴的な語句
おっし みん まじわ 目眩まばゆ ちと がか とこし じき 此方このほう あらか はか がっ 牢獄ろうや たっ かん とど あら 莞爾にっこ ごく 女房にょうぼ じるし 如何どう きゅう すご ぷく 申出もうしだ ことな わが かたむき はた しん 向後きょうこう さん こら おち もし しち 贋物がんぶつ いたっ 如何いかが 遣付やりつ らん ひっ どころ えみ 内〻ないない あい 正徳せいとく 目的あて 黄金おうごん たい 押付おしつけ 漢子かんし おん こす とう あわれ 読本とくほん 喜悦きえつ 毎〻つねづね わび うかが 見聞みきき 沙汰ざた 模品もひん きょ おおい ほうむ うつ たのし かけはし 果敢はかな 花押かおう 奪取うばいと 朋友ともだち 済度とくど 妲己だつき あざな 字面じめん まなこ いましめ 窯鼎ようてい 窯器ようき 御有おあ わたくし いま 怜悧りこう すぐ たしか
題名が同じ作品
骨董 (新字旧仮名)幸田露伴 (著)