“音”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
52.9%
おと37.1%
おん6.2%
1.3%
いん0.7%
0.5%
こゑ0.3%
をと0.2%
おど0.2%
オン0.2%
かん0.1%
こえ0.1%
ことば0.1%
ごゑ0.1%
シラブル0.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれど、そのひとたちは、子供こども時分じぶんにきいた、愉快ゆかいなオルガンのをいつまでもおもしたのであります。
楽器の生命 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ことなどにいよいよこヽろなやまさせけるが、をりふしのにはあるきに微塵みぢんきずなきうつくしさをみと
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
また、青葉あおばあいだからはたえて、太鼓たいこおとなどがこえて春祭はるまつりのあるむらもありました。
けしの圃 (新字新仮名) / 小川未明(著)
それがかねにもうつって、このかねたたくと、ごオんのあとに、ごろごろというおとがかすかにつづく、それでだれいうとなく
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
そこで演奏の方法は、タヌがそれらの鍵盤を指で押すのであって、押しさえすれば、そこから、ややそれ相応のおんと歌詞とが出て来るという仕組み。
と謂ツたが、おん出方でかたまで下司な下町式になツて、以前凛としたとこのあツた顔にも氣品がなくなり、何處か仇ツぽい愛嬌が出來てゐた。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
宇治川うぢがはふねわたせをとばへどもきこえざるらしかぢもせず 〔巻七・一一三八〕 作者不詳
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
あなあはれ、遠田の蛙、また聴けば、遠く隔てて、夜の闇の瀬の隔てて、いやさかりうち霞み鳴く。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
しかして、その声はあたかも人の口笛のごとき響きにて、よく五いんをいい分け、人と問答会話するをもって、なんぴとにてもこの怪声に対し問いを発せば、いちいちその答えを得という。
失礼だが寒月君はやはり実験室でたまを磨いてる方がいい。俳劇なんぞ百作ったって二百作ったって、亡国のいんじゃ駄目だ」寒月君は少々むっとして、「そんなに消極的でしょうか。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
さうして、時々声に出してジユする経のモンが、物のタトへやうもなく、さやかに人の耳に響く。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
私は衛生学よりももっとこういうことは知らないから、よく考えないと何も思いつかないで、考えつくためにはよほど頭もしぼるのよ。だから哀れな肝臓が、ヤーこれは珍しい疲れかただ、とをあげたのでしょう。
さきはひのいかなるひと黒髪くろかみしろくなるまでいもこゑく 〔巻七・一四一一〕 作者不詳
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
さるのなくこゑてんに響き、蝉のさえづり地にみてり。
ある午後ごゞ。ぱちツと不思議ふしぎをとがしました。さやけたのです。まめみゝをおさえたなり、べたにころげだしました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
谷かげに今日も来にけり山みづのおのづからなるをときこえつつ
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
「さあ、いぎおどないがけあな。くぢいやうだけあな。」
鹿踊りのはじまり (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「さあ、いぎおどないがけあな。くぢも無いようだけあな。」
鹿踊りのはじまり (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「ぢや、お前のイチを取つて英一とするか? だがそれぢや弟の英二郎とオンがつくからな?」
父を売る子 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
蓬莱建介は、何のことだかわからないが、彼女のつけたアダナのオンがよいと云った。
華々しき瞬間 (新字新仮名) / 久坂葉子(著)
かんの調子が少し外れて、礼儀正しい一粒選りの言葉のうちにも、何んとなく享保二年の江戸の町には通用しそうも無い、一種言うに言われぬ古めかしさがあります。これが怪しくなくて、一体何が怪しいでしょう。
ここには鳥のこえ、散る花などの印象が、単に暦の知識という以上に複雑な連想によって、屈曲されつつ現わされている。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
かくてかの靈、聲姿ともにゆかしく、その初のことばに添へて物言へり、されど奧深くしてさとるをえざりき 三七—三九
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
今昔物語には、此の大臣もまた「形美麗に有様いみじきこと限りなし」「大臣のおん形ごゑ気はひたきものよりはじめて世に似ずいみじきを云々」と記しているので、われ/\は富貴と権勢と美貌と若さとに恵まれた驕慢きょうまんな貴公子を、直ちに眼前に描くことが出来る。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
あつい、といふ。シラブルと、発音と、意味の、きはだつて孤立した三つのものゝ重なりの単純な効果のめざましさに、谷村は心を奪はれた。