ちるちる・みちる
自序 お芋(いも)の蒸(ふ)けるのを、子(こ)ども等(ら)と 樂(たの)しく一しよにまちながら…… わたしは二人(ふたり)の子(こ)どもの父(ちゝ)であります。(三人(にん)でしたがその一人(ひとり)は此(こ)の現實(げんじつ)の世界(せか …
作品に特徴的な語句
をろ んない まぢ をも だん いのち づよ そち ちつ むつ ぢう しやう ころげ おつしや 百姓ひやくせう うまれかは ほつぺた 昨日きなふ 病床ベツド なあに こつぷ 百姓ひゃくせう なほ さい 準備おしたく をと なんに うま おほ づら 跫音あしをと 日光ひのひかり せう 屍骸しんだもの ぞつ はづか 庖丁ほうてう 彼方あつち つか 推移うつりかわり なんぢ たい 魚類さかなたち 夕照ゆうせふ うへ くれ 木菟みゝずく さが じゆく 矢張やつぱ かは 父親おやぢ 風流ふうりゆう 蘇生いきかへ おほ をこ おそろ たつと ひゃく はひ せい ぐさ 永遠えいゑん から まへ くれ はゝ ぞう あひだ つめた 故郷こきやう いへ のぞ をか 水底みづそこ 水晶すいしやう 天使みつかひ わづか はう とほ ちゝ そら 口調くちやう めえ 郷土きやうど をんな あつま