“屍骸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しがい73.7%
なきがら6.6%
むくろ6.6%
しげえ3.9%
しかばね2.6%
かばね1.3%
しにがら1.3%
しんだもの1.3%
たま1.3%
ほとけ1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ハハハハハ。亡霊を退治に来たというのかい。なるほど、それもよかろ。……だが、その少年の屍骸に触れてもらいたくはない」
怪奇人造島 (新字新仮名) / 寺島柾史(著)
首をねた後の屍骸を、無慙な木曽家の奴ばらは巴ヶ淵へ蹴込んだのだ。いまだに私の屍骸は、巴ヶ淵の底にある。そればかりではない。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
小谷間の、いささか風雨を避けた地点に、白髪頭を土にり込まして、草加屋伊兵衛の血だらけの屍骸が、仰向けに倒れていた。
、梯子を持って来て屍骸を下ろしておくんなせえ。なに、綱は上の方から引っ切ったってかまうもんか。それから、彦、なにを手前はぼやぼやしてやがる。
そのまま腹を掻っばき、草に屍骸を埋ずめると見るや、今まで見えていた城も焔も、目に余る寄せ手の大軍も、きらびやかなりし館さえ、また座に在った美しい前髪立ちの主人さえ
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
無残の屍骸らすということは、特に『心臓捕り事件』として、に報じた所であるが、今暁復もや其犠牲者が、川口の水面に浮かんで来た。
人間製造 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
互に顔も知らねば名も知らぬ人々である、しかして、二人が呼吸のある屍骸を抱き合わないばかりにえているところは、高く人寰を絶し、近く天球をする雲の表の、一片の固形塊
奥常念岳の絶巓に立つ記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
なんとゆつても、まるで屍骸のやうに、ひツくりかへつてはもう正體もありません。もまひだすやうなです。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
鈴のような眼を真っ赤に泣き腫らして、屍骸の傍に坐わっていた。ちだこの見える細い指で、死人の顔を覆った白布を直しながら応えた。