人間製造にんげんせいぞう
大阪の町は寂しかった。 夜はもう三時を過ごしている、つまり時刻は真夜中であった。其時一人の労働者が力の無い足どりで歩いて来た。 「今日で俺は二日、飯を食わねえ、いつマア食物に有りつけるんだろう?一寸先ぁ暗闇だ。何時ありつけるか知れたものじゃ …
作品に特徴的な語句
邂逅あう 邂逅あいみる 悉皆しっかり おらあ 弁解ことわ 此処このへん 以上これ 相応ふさわし つと 此方このかた 珈琲カフェー こっそ せなか 何人どなた 外見みば 屍骸かばね たっ そう すなわち 強健たっしゃ 往来みち とっ かつ あまり あたし 扮装みなり おなか 身長みたけ 邂逅いきあ だけ 不審いぶかし あて 強健つよ つもり 盗賊ぬすっと 蹣跚よろ 身丈みのたけ 身長たけ なか ほのか 健康たっしゃ なか 可成かな おんな 命令いいつけ わい 夜中やちゅう 大略おおよそ こび 宜敷よろし しつ 寂然ひっそり 左様そう かすか 彼奴きゃつ さら きま ほし 此様こんな 燈火ともしび くら おだやか きたな 茫然ぼんやり じゃ 衝突ぶつか 製造つく ものがたり 頭髪かみのけ 飢餓うえ 上句あげく 不可いけ うち なが しま 他人ひと ただ 何時いつ しか にわか さて