“製造”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せいぞう37.0%
せいざう18.5%
つく18.5%
こしら11.1%
おつくり7.4%
こしらへ7.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
い、しいに、がる、煙突幾本った工場がありました。その工場では、チョコを製造していました。
飴チョコの天使 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ツの類型土器各地からるのである。それからへても、大仕掛土器製造したとへる。
カスタアドや乾酪のお菓子や佛蘭西の饅頭菓子を製造つたり、獵禽の翼や足を縛つたり、デザァトのあしらひのり方なんかを教はつてゐた。
夜の眼も合さず雛形まで製造へた幾日の骨折も苦労も無益にした揚句の果にの気持を悪うして、恩知らず人情無しと人の口端にかゝるのは余りといへば情無い
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
氣分すぐれて良き時は三歳兒のやうに父母の膝にるか、白紙を切つて姉樣の製造に餘念なく、物を問へばにこ/\と打笑みて唯はい/\と意味もなき返事をする温順しさも
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
だが、あんまり威張れないて、此樣製造ては如何でせうと、此處まで工夫したのはだが、肝心機械發明悉皆大佐閣下だよ。