“立”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
62.1%
たち9.2%
たて8.5%
5.8%
たつ3.3%
たっ3.1%
だて2.5%
だち1.6%
たた1.0%
たゝ0.7%
0.5%
たちどこ0.2%
だた0.2%
タチ0.2%
0.2%
0.1%
たと0.1%
りっ0.1%
りつ0.1%
りゅう0.1%
ダテ0.1%
リットル0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
い、しいに、がる、煙突幾本った工場がありました。その工場では、チョコを製造していました。
飴チョコの天使 (新字新仮名) / 小川未明(著)
三人かくはならびしが、だものいわむとする心も出でず。呆れて茫然と其方を見たる、楓の枝ゆらゆらと動きて、大男の姿あり。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
○急要ノ事件指起ルトキ、其土地ノ奉行ニテ法ヲントスルモ、英国王ヲ禁ジテ、王ノ免許ヲ得ルニ非ザレバ之ヲ施行セシメズ。
「それじゃ、小僧さんは、どものときから、ひとのできない、さかちをしようと勉強したんだね。」と、ちゃんが、ききました。
さか立ち小僧さん (新字新仮名) / 小川未明(著)
人間ニ政府ヲル所以ハ、此通義ヲ固クスルタメノ趣旨ニテ、政府タランモノハ其臣民ニ満足ヲ得セシメテ真ニ権威アルト云フベシ。
何もも話さねば判らぬが、僕が今の妻と知合になって、正式に結婚を申込だ時、仲にて世話してくれたのは、この今井であった。
友人一家の死 (新字新仮名) / 松崎天民(著)
ところが困つた事には、このお医者がエマアソンを読まうとすると、つたやうに其処へ飛び込むで来て、邪魔する者がある。
金吾はのももを高くして、路傍から棟梁屋敷の石塀にそって駆け、カサ、カサ……と落葉のふるえる暗やみへ姿を入れる。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
之を追いて山深く入ると弥陀三尊が胸に矢を負いてせ給うを見て、随喜渇仰して法躰となり、慈興と号して立山を開いたという。
二、三の山名について (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
なに矢張洋物屋の旦那様でも、元が士族で、何かで行詰った事が有って、義理堅い方だから義がないとかとか云う所からプイと遣ったか
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ヨキ文章ユエ、真実読者、スナワチチテ、ガタメ、マコト乾杯イッ! トビアガルホドノアツキ握手
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
さしも遣る方無くめりし貫一は、その悲をろに抜くべきを今覚れり。看々涙のけるに、れる気有りて青く耀きぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
今の御姿はもう一里先か、エヽせめては一日路程も見透したきを役ぬ此眼の腹しやと門辺に伸びりての甲斐なき繰言それもなりき。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
そしてその他の種類へは皆その上に一の形容詞を付けて、例えばスミレ、スミレ、野路スミレ、深山スミレ、スミレ、源氏スミレ、円葉スミレあるいはスミレなどと呼んでいる。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
……安国と平けくしろしめせとことよさし給ひて、御量もちて、ことゝひし磐根・木根ち、草の隻葉をも言封めて、天降り給ひし……
八「はせな、身体れてけねい、す事が出来ねい、ホリャ困っさな、女中衆/\」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
アノ死骸の当人も矢張りだぜ詳しい所までは分らぬけれど何でも傍に喧嘩がたので手早く側中の有金を引浚ッてうとすると居合せた者共が銘々に其一人に飛掛り初の喧嘩は扨置て己の金を
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
一たびこの差別をしたる時吾人は一の迷路に入る。ただ生存は人生の目的なるがに、生存に便宜なるこの迷路は入る事いよいよ深くして出ずる事いよいよかたきを感ず。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
幼儀雑箴二十首を読めば、より、等に至る、皆道にわざらんことを欲して、而して実践躬行底より徳を成さんとするの意、看取すべし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
シカシ生憎故障も無かッたと見えて昇は一時頃に参ッた。今日は故意と日本服で、茶の糸織の一ツ小袖黒七子の羽織、帯も何か乙なもので、相変らずとした服飾
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
牡獅子牝獅子————獅子、其に絡む嫉妬獅子とでもいふべき二人の獅子、三人立の獅子と言つた形の石橋様式を流しこんだものが多かつた。
獅子舞と石橋 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
瓦斯ストーブの噴出量はハッキリ分らないが、あれ位のものでは、私が経験した所によると、最大一分五を出ないと思う。すると一時間に三〇〇立になり、約十立方尺である。
血液型殺人事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
元より断然船借入し上ハ、自然其儀ハ可之候得ども、同心の人をつのるに道あれバ、三大夫及君ルと不止トを此頃早〻承りたし。