“小袖”の読み方と例文
読み方割合
こそで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明後日初酉の十一月八日、今年はやや温暖かく小袖三枚重襲るほどにもないが、夜がけてはさすがに初冬の寒気が身に浸みる。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
円髷に結ひたる四十ばかりのせて色白き女の、茶微塵の糸織の小袖に黒の奉書紬の紋付の羽織着たるは、この家の内儀なるべし。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
客はあたたかげな焦茶の小袖ふくよかなのを着て、同じ色の少し浅い肩衣の幅細なのと、同じ慇懃なる物ごし、福々しい笑顔。
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)