“初酉”の読み方と例文
読み方割合
はつとり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明後日初酉の十一月八日、今年はやや温暖かく小袖三枚重襲るほどにもないが、夜がけてはさすがに初冬の寒気が身に浸みる。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
本能的にすくんだ彼女をしめつけて、四日の晩、初酉に連れてつてやるよ、店をしまつたら、花屋敷の側で待つてな、とくのであつた。
一の酉 (新字旧仮名) / 武田麟太郎(著)
半七老人を久し振りでたずねたのは、十一月はじめの時雨れかかった日であった。老人は四谷の初酉へ行ったと云って、かんざしほどの小さい熊手を持って丁度いま帰って来たところであった。
半七捕物帳:06 半鐘の怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)