“初々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ういうい81.3%
うひ/\10.4%
うひうひ3.1%
うい/\2.1%
はつ/\1.0%
ういうし1.0%
うゐ/\1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白地の浴衣に、この頃はやる麻の葉絞りの紅い帯は、十八の娘をいよいよ初々しく見せた。林之助はもう一度お絹とくらべて考えた。
両国の秋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
二十一といふにしては、少し初々しく、健康で明るくて、心配もひも利かない姿ですが、それだけ愛嬌者で、誰にでも好かれさうな女です。
自分達の新しい出発を占つて貰つたやうな気がして、ゆき子は比嘉の初々しい態度に、好意と尊敬を持つた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
初々しき大島田のやうにりばなしふさ/\とかけて、鼈甲のさしつきのかんざしひらめかし、何時よりは極彩色のたゞ京人形るやうにはれて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
仙「今聞けば飛んだ災難だったね、おゝ初々しく飛んだひどいめに逢ったね」
いやいや燈光は、その男の額へ、接吻している女の唇の初々しい顫えをも照らしていた。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
するとしさうに莞爾して其時だけは初々しう年紀も七ツ八ツやぐばかり、処女んでいた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)