“大島田”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おほしまだ66.7%
おおしまだ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
初々しき大島田のやうにりばなしふさ/\とかけて、鼈甲のさしつきのかんざしひらめかし、何時よりは極彩色のたゞ京人形るやうにはれて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ましてや大島田ふしは時好花簪さしひらめかしておらへて串談いふかば子心にはしくもふべし、去年あひたる駒形蝋蠋やに奉公してまする
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
彼方此方を見ながら水司又市がぶらり/\と通掛りますると、茶屋から出ましたのは娼妓でございましょう、大島田はがったり横に曲りまして、露の垂れるような薄色のの小長いのを
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)