“大島守”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおしまのかみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大島守”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もとよりぢや。——大島守おおしまのかみが、此の段、殿中に於いて披露に及ぶと、老中ろうじゅうはじめひたいを合せて、
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
あの、親仁おやじ。……かね大島守おおしまのかみ取入とりいると聞いた。成程なるほど其辺そのへんもよおしだな。つもつても知れる。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)