妖魔の辻占ようまのつじうら
伝へ聞く……文政初年の事である。将軍家の栄耀其極に達して、武家の代は、将に一転機を劃せんとした時期だと言ふ。 京都に於て、当時第一の名門であつた、比野大納言資治卿(仮)の御館の内に、一日偶と人妖に斉しい奇怪なる事が起つた。 其の年、霜月十日 …
作品に特徴的な語句
へた そち づき あわい くせ おおせ なか 此辺こんあたり かず 行逢ゆきお げん しるし つつ ながむし てかけ 命令おおせ そら 大蛇おおへび うわ おろ さかさま がか 御心ごしん しゅく 挫折へしお 真逆まっさかさ いっ さが しっか なお さかしま がけ おごそか おさま 日中ひるなか おおき じょう ことさ おそろ かか 落下おちさが りょう 酒宴うたげ にが 小刀しょうとう 敏捷すばや つめた わざ 円頂まるあたま 射貫いぬか ひょう くう もよおし 引攫ひきさろ おも あまり 御館おんやかた おそれ あて 一吹ひとふか 突刺つっさ 折伏おれふ 突返つっかえ やわらか ことば 一番ひとつがい 一曲ひとまが くれない それ 夕餉ゆうがれい きたな あが 憧憬あこが いささか くが これ どころ ゆわ つか 過失あやまり おり 大形おおがた 染出そめい 片時へんし どき