“滅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほろ35.7%
ほろぼ15.0%
めっ12.9%
10.0%
10.0%
めつ5.7%
4.3%
1.4%
1.4%
おと0.7%
ころ0.7%
しめ0.7%
なくな0.7%
メツ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから中一年置いて、家康が多年目の上ののように思った小山の城が落ちたが、それはもう勝頼のびる悲壮劇の序幕であった。
佐橋甚五郎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
そこでこの歌の心はどういうものかというと実によい歌です。かかる勇気がなければ到底大敵をして国難を救うことは出来ない。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
子は親を、親は子を、骨肉互いにき合って、兵火の間にまみゆる例は、いつの乱世にもある慣い、いわゆる大義親をすでござる。
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
懷舊の念しきりにして、戀慕の情止むことなく、雙眸涙に曇る時、島國は忽ちえたり。月あかき宵の事なりき。島國は又湧き出でぬ。
小谷間の、いささか風雨を避けた地点に、白髪頭を土にり込まして、草加屋伊兵衛の血だらけの屍骸が、仰向けに倒れていた。
は老い、は嘆けり。は白し、早や輝けり。は消えむ、ああ早や、が妻、が子、の、残れる者、ことごとくせん。
(新字旧仮名) / 北原白秋(著)
らにさんと、きりこみし人々、皆其刀をがせし中に、一瀬が刀の二個処いちじるしくこぼれたるが、臼井が短刀のはのこぼれに吻合したるよりわれにき。
みちの記 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
幾年もたたずして、そのふもとのはほろびて、くなってしまいました。
赤いろうそくと人魚 (新字新仮名) / 小川未明(著)
驚きながら四辺を見ますと、結構な木口の新築で、自分の姿を見ると、単物っ返しを着て、前歯のりました下駄を穿き、腰に手拭を下げて、頭髪蓬々として
あだごころ君をたのみて身をす媚薬の風に吹かれけるかな
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
哭きつつぎしかば、すなはち見得て、その木をきて、取り出で活して、その子に告りて言はく、「汝ここにあらば、遂に八十神にさえなむ」
火枝し去ると
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
若しさうなれば、私もそれで苦労がるのだから、きつと体も丈夫になるに違無いから、是非さう云ふ事に阿父さんにも頼んで下さいな、ねえ、阿母さん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「知らぬか、廷尉。——大義ス、とあるのを。異朝でもそれが新しい朱子の学として奉じられておる。遠い魏朝にあった故事などは早やカビ臭いわ。……いや、坊門どの」
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)