春鳥集しゅんちょうしゅう
櫻をばなど寢處にはせぬぞ、 花にねぬ春の鳥の心よ。 花にねぬこれもたぐひか鼠の巣。 ばせを この集には前集『獨絃哀歌』に續ぎて、三十六年の夏より今年に至るまでの諸作を載せたり。 『夏まつり』は最も舊くして、『五月靄』は最近の作なり。 『鏽斧 …
作品に特徴的な語句
あさ たたかひ いまし 微笑ゑみ まよはし なよ しめ せい 女人をみなご あだ 大洋わたづみ ふし じき たふ あで たなぞこ みな かう さが ちさ にば つひ いつ つぬ 微笑ほほゑ にほひ はふり 燈火ともし みの 寂寞しじま おほい まが には ぐら あや 永劫とことは 願望ねがひ かほばせ から しほ つばくらめ 燧石すゐせき ぶつ 宿命すくめい つみ せい 咒咀じゆそ いち しやう 核子さなご さかえ 歌女うたひめ なれ ぢん 犧牲にへ 寂寞じやくまく なま まな くす 神々かうがう むな 大船おほふね つひ 四十よそ 菖蒲さうぶ 薏苡よくい 龍王りうわう 近代ちかつよ いかづち 頭髮かしら 六月みなづき 十歳ととせ おも