“潮”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うしお36.6%
しお21.8%
うしほ14.5%
11.7%
しほ10.2%
ちょう2.8%
ウシユ0.9%
てう0.6%
しは0.3%
じほ0.3%
(他:1)0.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“潮”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語4.9%
文学 > 日本文学 > 詩歌4.9%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行2.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
水に近くらめいた、揖斐川の流れのすそは、うしおめた霧白く、月にもとまを伏せ、みの
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「魏の大軍が、雲霞うんかのように見えた。あれよ、麓から三道にうしおのごとく見えるものすべて魏の兵、魏の旗だ。……」
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
隆夫のたましいは、久しぶりにひろびろとした海を見、しおのにおいをかいで、すっかりうれしくなり、いつまでも眺めていた。
霊魂第十号の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
帆綱の影、しおじみた欄干てすりの明り、甲板の板の目、かんのきしり、白い飛沫しぶき、浅葱いろの潮漚しおなわ
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
泡立あはだなみ逆卷さかまうしほ一時いちじ狂瀾きやうらん千尋せんじんそこ卷込まきこまれたが
あきつきてら/\とたゞよへるうしほ絵島ゑのしままつさるなきをうら
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
彼女は白布で体を拭いた。ポッと紅味がして来た。瑪瑙めのうの仙女像が出来上がった。その仙女像は半透明であった。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
曙の色は林の中まで追いついて、木膠や蔦の紅葉の一枚一枚に透き徹る明る味をして、朝の空気は、醒めるように凛烈りんれつとなった。
雪中富士登山記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
あなたは、凡ゆる人生があなたの青春を此處まで運んで來たやうな靜かなしほに乘つて過ぎてゆくものと思ふでせうね。
熟田津にぎたづ船乗ふなのりせむと月待つきまてばしほもかなひぬいまでな 〔巻一・八〕 額田王
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
その小さい堅い結び目を解くのに彼女の指頭はくれないちょうし、そこをつねっているように見えた。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
文一郎が答はいまだなかばならざるに、女は満臉まんけんこうちょうして、偏盲へんもうのために義眼を装っていることを告げた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
源河節の「源河走河ヂンガハリカアや。水か、湯か、ウシユか。源河みやらびの御甦生ウスヂどころ」などは、時を定めて来る常世浪に浴する村の巫女ミヤラビの生活を伝へたのだ。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
源河節の「源河走河ヂンガハリカアや。水か、湯か、ウシユか。源河みやらびの御甦生ウスヂどころ」などは、時を定めて来る常世浪とこよなみに浴する村の巫女ミヤラビの生活を伝えたのだ。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
東方とうはう臥龍山ぐわりうざんいたゞきすこしくしらみて、旭日きよくじつ一帶いつたいこうてうせり。
鉄槌の音 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
あをざめたをんなまぶた決意けついくれなゐてうしつゝ、「けないで支度したくをしませう。」地震ぢしん以來いらいいたことのないおびだから、ぐいとひきしめるだけでことりる。
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
しはあがつて數多あまたふかが、
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
ひきじほゆるやかに、
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
くろずむひきじほに、
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
あの、倫敦の歴史とは切ってもきれないドクタア・ジョンスンは、その時の淋しいチャアリング・クロス村が後日人間のタイドが浪をなして寄せては返す浜べになるであろうといっている。