“天窓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あたま79.1%
てんまど8.8%
そらまど2.2%
ひきまど2.2%
まど1.1%
あかりまど1.1%
あまた1.1%
あまど1.1%
たかまど1.1%
つむり1.1%
テッペン1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そらよ、こっちがの分。こりゃお源坊のだ。奥様はあらが可い、煮るともにするともして、天窓りの、目球をつるりだ。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
俊助は高い天窓の光のに、これらの狂人の一団を見渡した時、またさっきの不快な感じが、力強く蘇生って来るのを意識した。
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
三畳から飛出してみると、流しの上の天窓にほんの少しばかり、申刻頃の陽が当って、油障子の一部を、カッと燃えるように明るくしているのでした。
その家は一間位の中庭があったので、天窓からのような光線が上から投げかけられ、そこにった植木だけが青々と光っていて、かえって店の中の方が薄っ暗かった。
ちょうど丁子風呂の女湯の天窓のところへ行くと、平次は手を伸して、油障子を開けました。少し骨は折れますが、それでも大したキシミもせずに、スラスラと開きます。
つツと立寄ツて白い布をる……天井の天窓から直射する日光は、に少女の屍體を照らす……ただ見る眞ツ白な肌だ! ふツくりとした乳、むツつりした肩や
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
と太い声して、ちと充血した大きなをぎょろりと遣る。その風采、高利を借りた覚えがあると、天窓から水を浴びそうなが、思いの外、温厚な柔和な君子で。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
天窓の上でガッタリ音して
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
庫裡の寺僧も起き出ていないので、当然、天窓も大戸もまだ開け放されてはいない。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「はい、」といったッきり、愛吉はしばらく差俯向いていたが、思出したように天窓を上げて
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……断っておくが友吉おやじは、再生以来スッカリ天窓が禿げ上ってムクムク肥っていた上に、ゴマ塩の山羊髯を生やしていたものだから、昔の面影はアトカタも無かったのだ。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)