三枚続さんまいつづき
表紙の画の撫子に取添えたる清書草紙、まだ手習児の作なりとて拙きをすてたまわずこのぬしとある処に、御名を記させたまえとこそ。 明治三十五年壬寅正月鏡花 「どうも相済みません、昨日もおいで下さいましたそうで毎度恐入ります。」 と慇懃にいいながら …
作品に特徴的な語句
おッ ひだり てく 母様おかあさま ほうり おまえ えた やわらぎ きちがいみず 可恐こわら 私等わっちたち みせ てッ よし であい おんぶ わかり あでや 出入だしいれ づかま うむ はや 可恐おッそろ 後退うしろじさ ことわり こお やッ だち あおぎ おとし いつ 天窓つむり 麦酒ビイヤ 車夫くるやま きさま このみ なあに 私等わたしども おこと おんなじ とこ あらたま てめえ そら どおり 入込いれごみ いい たたき ぶち 蟋蟀きりざりす がまえ わっち きたね 附合つきええ かたえ せなか つくば きまり おれ 日光ひのひかり いか かか おろ 外囲そとがわ あぶね 仰向あおの そら 連中てあい たべ わっし きぬ はずみ 一列ひとならび うしろ あかり おいら さみ 白昼まっぴるま やみ 寄付よッつ 午後ひる あたり 近辺ちかまわり 行方ゆきかた 退すさ むすび つか 不可いけね 私等わっちら 人懐ひとなつッ まい わけ