“叩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たた76.0%
たゝ11.3%
ぱた5.7%
はた1.0%
どや0.7%
0.7%
ノック0.7%
たて0.5%
たたい0.5%
0.5%
たたき0.3%
たゝい0.2%
たゝき0.2%
だた0.2%
たき0.2%
たゞ0.2%
だたき0.2%
0.2%
のつく0.2%
はら0.2%
ひか0.2%
タタ0.2%
タペ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「お姉さまの、お胸の肉附のいいところを、あたくしに平手でぺちゃぺちゃとかして下さらない? どんなにいい気持ちでしょう」
健康三題 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
マーキュ 猫王どの、九箇あるといふ足下つだけ所望したいが、其後擧動次第八箇くまいものでもない。
「ちょうどいい塩梅じゃございませんか。鬼の留守と言っちゃなんですが、その間にの出るものなら、引っいてみましょう」
「馬道の三五郎親分のところにいましたよ。すっからかんにいて、夜が明けてから這々の体で帰ったのを皆んな知っていまさア」
その時分熊本の城下にはしつけていい尻はどつさり有つたかも知れないが、他人身体では肝腎の痛さは判らなかつた。
頭を台湾坊主に食はれたる他の学生、帽子を以て腰掛をきつゝ「だが、我輩は常に篠田さんが何故無妻なのかを疑ふよ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
するとその彼等の声に応じるかのやうに扉をする音が静かに響いて来た。道助は立ち上つた。
静物 (新字旧仮名) / 十一谷義三郎(著)
そんで其處らでえちややうねえからなんてはれたんでがせうね、それからでもつて鬼怒川つたんでがすね、鬼怒川までは有繋ありあんさね
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ソコデ江戸に這入たとき、今思えば芝の田町、処も覚えて居る、江戸に這入て往来の右側の家で、小僧がの目をて居る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
此世で仇讐の一つもつて置かなかつたなら、未来で閻魔様に叱かられますよ、黄金れた怨恨だから黄金でへしてるのさネ、俳優の様な意気地なしでも、男の片ツ端かともや
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
雨はれた、人は湯さめがしたようにを忘れた、敷居を越してれ込んだ前の大溝の雨溜で、しっくいの土間は一面に水を打ったよう。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ければ九郎兵衞發と赤面しながらも汝こそ不屆者なれコリヤ條七汝は癩病となり妻子の處にりしを此九郎兵衞が引取世話をして遣せしをけないとも言ず恩を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
は役人後を追來りしかど更に心も落付ず返事さへにせざれば表には又々早く此處をお開下されと云ふを聞けば女の聲なる故不思議に思ひ
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
イヤ許す、其様な事ははぬ、トントンうぢやナ。井上「ア、うもうござります、さう無闇におきなすつちやアりませぬ。殿「まアつてれ、アヽ余程がある。 ...
華族のお医者 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「鉦を、もつとがつとにけや。」
野の哄笑 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
一方明窓障子がはまつて、其外二疊ばかりの、しツくひで、金魚緋鯉るのではない。
怪談女の輪 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
訪ふものはつくし
氷島 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
木々の歓声とすべての窓の性急なるもてよび覚ます。
詩集夏花 (新字旧仮名) / 伊東静雄(著)
此世で仇讐の一つもつて置かなかつたなら、未来で閻魔様に叱かられますよ、黄金れた怨恨だから黄金でへしてるのさネ、俳優の様な意気地なしでも、男の片ツ端かともや
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
武王(二六)木主せ、して文王し、のかた(二七)つ。伯夷叔齊(二八)へてめて
あまり荘厳を極めた建て物に、故知らぬ反感までられて、廊を踏み鳴し、柱をいて見たりしたものも、その供人のうちにはあつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「コン吉、嬉しいでしょう。嬉しいでしょう」と、軽くコン吉の背中をするのであった。