静物せいぶつ
家を持つて間のない道助夫妻が何かしら退屈を感じ出して、小犬でも飼つて見たらなどと考へてる頃だつた、遠野がお祝ひにと云つて喙の紅い小鳥を使ひの者に持たせて寄来してくれた。道助はその籠を縁先に吊しながら、此の友人のことをまだ一度も妻に話してなか …
作品に特徴的な語句
とつ をどつ そら ほつそ 饒舌しやべり ノック やま 衝突ぶつ 執拗しつえう あたし いそ 所為せゐ はふ とも 遅緩もどかし たづ 微笑ほゝゑ こし はじ 洋盃グラス こは いら たづ 道化どけ けは にく 串談じようだん 会釈ゑしやく まゝ すべ すぐ かへ 可笑をか すゝ 喧嘩けんくわ さへづ はま かすか 恰度ちやうど さら 揶揄からか おそ いは 気配けはひ 点頭うなづ 狼狽うろた 玩具おもちや 癇癪かんしやく 真実ほんと 祖父ぢい 笑凹ゑくぼ しま 緩漫くわんまん じし おほ ばか 身動みじろ くら ひたひ 主婦おかみ なが 他所よそ 何処どこ 俯向うつむ もた はげ 口許くちもと つぶや くちばし くちばし はなし それ おご 寄来よこ やす ゆる 従姉いとこ みじ 愕然がくぜん ふる おそ 拘泥こうでい はさ