“主婦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おかみ31.5%
かみ29.2%
あるじ20.2%
かみさん9.0%
カミ2.2%
おかあ1.1%
おかみさん1.1%
しゅふ1.1%
しゆふ1.1%
めあるじ1.1%
ハジャイカ1.1%
ママチャン1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(まあ、主婦さんもこのごろは金の催促がうまくなったこと! それにしても、まだ年が若いのに、この人もほんとに気の毒な……)
六月 (新字新仮名) / 相馬泰三(著)
グージャールが主婦さん相手に決闘場所の借り賃を値切ってる声が聞こえていた。ジュリアンは時間を無駄に費やしてはいなかった。
父親が自分でつけた酒をちびちびやりながら、荒い声が少し静まりかけると、主婦がまた母親を煽動けるようにして、傍から口を添えた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
店先には葡萄酒の立飲をしている労働者風の仏蘭西人も見えた。帳場のところに居た主婦は親しげな挨拶と握手とで岡を迎えた。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「今なさん、ちやが隣り下駄屋から——あれ何言ふか、野球手袋な、あれお主婦さに出して貰ふ彼方駆けたで。わたし内帰ろ言ふても駆けた、えゝのか。勉強せんで。」
耕二のこと (新字旧仮名) / 中原中也(著)
「わいはこないに権右衛門の為に泥棒の真似までして来たのや、それやなのに、あの主婦は(政江のこと)……」「それをいいな、それを」と千恵造はなだめたが
俗臭 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
そうなったら憎いが先に立って、私は翌朝起きてからもお宮には口も利かなかった。それでも主婦階下からおを運んで来た時
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
主婦の誕生日だが、赤の飯に豆腐汁で、の一尾も無い。午前に果樹園を歩いて居たら、水蜜の早生が五つばかりして居るのを見つけた。取りあえず午餐の食卓にす。時にとっての好いお祝。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
地主主婦いてると、徳利のやうなつたといふ。
肥満りたる、頸輪をはづす主婦腋臭の如く蒸し暑く
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「ねえ、奥さん、本当の主婦ならこれを見落しゃしませんよ、たった九十五カペイキ、お買いなさい奥さん」
赤い貨車 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
あのアルプスの主婦の妹さん……御存じでしょう。会計をやってらっしゃる貴美子さん……いつも妾達によくして下さる。ね……あの人に頼まれたもんですからね。
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)