“葡萄酒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぶどうしゅ79.0%
ぶだうしゆ10.1%
ぶだうしゅ2.5%
ワイン1.7%
ぶどうしゆ1.7%
ぶとうしゅ0.8%
ぶんどしゅ0.8%
やつ0.8%
バーガンディ0.8%
ブイノ0.8%
ヴァン0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの葡萄酒や酒の豊富な貯えには、錠や、や、秘密の穴蔵などは、あまり大して保護をしてくれる物にならないのが普通であった。
が、少くとも女性の読者に多少の魅力のあることは決して「勤人」や「海上日記」や「葡萄酒」のには落ちない筈である。
変遷その他 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
葡萄酒? 葡萄酒かい。お前がつくった葡萄酒かい。めてあるのかい。」
柳沢 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
リゼットは二日ほど葡萄酒は腹に入れないことを話した。廉葡萄酒だけは客のために衣裳戸棚の中に用意してあった。
売春婦リゼット (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
佐「荒尾、あの葡萄酒を抜かんか、いた。これからが佳境にるのだからね」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
扉がひらいて、一人の機械人間が、銀のの上に朝食をのせてあらわれた。バタートーストにスープに、ハムエッグスに、コーヒーに葡萄酒、どれもふつうの量の三倍から四倍もあった。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
葡萄酒? 葡萄酒かい。お前がつくった葡萄酒かい。めてあるのかい。」
柳沢 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
一杯六スーのまっかな葡萄酒がはいってるだよ。スュレーヌの壜だ。ほんとうによ、パリーの本物のスュレーヌだ。ああメティエンヌ爺さんが死んだって。かわいそうなことをした。
午後、書信を数通したため、夕方近く台所に出て来て、晩餐の支度をしている妻の傍で冗談口をききながら、サラダを掻きまぜたりした。それから、葡萄酒を取出すとて、地階へ下りて行った。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
ついでに隣室にっているギレルモにも、一杯の葡萄酒を取ってやって、備え付けの新聞の表を返し裏を返して読みっている頃に、給仕が来客の入来を報じて来たのであった。
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
なんかとどら声の唄と一しょに笑いと葡萄酒——ボルドオ・一九二八年醸製——のが流れてきたり、街角の巡査がその唄に合わして首を振ったり、その巡査に売春婦が「今晩は」して通ったり