光と風と夢ひかりとかぜとゆめ
一八八四年五月の或夜遅く、三十五歳のロバァト・ルゥイス・スティヴンスンは、南仏イエールの客舎で、突然、ひどい喀血に襲われた。駈付けた妻に向って、彼は紙切に鉛筆で斯う書いて見せた。「恐れることはない。之が死なら、楽なものだ。」血が口中を塞いで …
作品に特徴的な語句
つつ 誘惑アントレーヌマン ペニイ 広場マラエ 事件インシデント 誘拐キッドナップト はぎ まさ ペンス かが あたか すぐ ちか いましめ おそ インディゴオ きき 市場いち かき シリング とも 姿態すがた 泥濘ぬかる 榕樹ガジマル 会議フォノ 悲惨みじめさ 颶風ハリケーン 政府マロ 脚絆ゲートル そそのか 通りロウ かけ ゆだ 叩頭こうとう 家族うち 小説ロマンス 収穫とりい たん ばなし あか あらわ 花筵タパ だま 上衣コート 作用はたら 伴侶とも 短袴キルト 永久とは かご のが むち よわい うた さわや かよ 退潮エッブ・タイド 嘘言きょげん 輪索わな しゃが ごえ 売捌うりさばき 災禍わざわい つい 嫉妬やきもち そこな かわ まぶ 将棋チェス 水溜みずたまり だま 自惚うぬぼれ あた かか 手巾ハンカチ 葉摺はずれ 故郷くに 蒐集しうしふ おそれ うらみ 惹起ひきおこ かげ ならい 彷徨ほうこう 模範モデル ちょう 年歯とし 服装みなり めぐ わず