“花筵”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はなむしろ66.7%
はなござ16.7%
タパ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
福岡県内の三瀦みずま木佐木きさき八丁牟田はっちょうむたという所で、一時「花筵はなむしろ」の美しいのを作りました。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
うきくさを吹き集めてや花筵はなむしろ
俳人蕪村 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
自分は方角を指し示した。老婆は老爺じいの出て往くのを見送り、それから花筵はなござを引き出して来て、
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)
花筵タパ十三枚、団扇うちわ三十枚、豚五頭、魚類の山、タロ芋の更に大きな山を、土産みやげとして貰う。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)