“藤”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふじ58.1%
ふぢ20.0%
とう18.1%
どう1.9%
ツル1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やれ、やれ、昼寝の夢が覚めて見れば、今日はまた一段と暑いようじゃ。あのの花さえ、ゆさりとさせるほどの風も吹かぬ。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
つてつてたのは膏薬伝次郎、やちんだ毛皮なしをて、糧切づるで出来てゐる。
土佐の国中から穴内川の渓へ越える繁藤に、肥後の人吉から日向へ越える加久藤は、共に有名な峠であるがこのもまた「たを」であろう。
峠に関する二、三の考察 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
かのうらぶれの物師、 木がかりのなれや。
文語詩稿 一百篇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
すなわちの様な茎に生じているとの意であるから、我がカキツバタの様に茎がツンと一本立ちに突き立っていては決しての様なと形容する事は出来ない。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)