“ふじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
44.2%
富士21.7%
不尽10.1%
不二8.7%
不時7.2%
不治2.2%
布士1.4%
不盡0.7%
富時0.7%
扶持0.7%
無事0.7%
膚膩0.7%
臨時0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
庭にはが咲き重つてゐた。築山つてかれる花畑にはヂキタリスの細いの花が夢ののやうに冷たくいく筋もゆらめいてゐた。
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
いまの右手にえぞ富士が見える。火山だ。頭がたい。いた枕木でこさえた小さな家がある。熊笹っている。植民地だ。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
また、無名氏の反歌、「不尽に降り置ける雪は六月十五日に消ぬればその夜降りけり」(巻三・三二〇)も佳い歌だから、此処に置いて味っていい。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
見るからに画家らしい二人の男は川口亜太郎とその友人の金剛蜻治、女は亜太郎の妻不二、やがて三人が岳陰荘の玄関に着くと
闖入者 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
階段の下は錠口になっていて、不時の攘夷派の襲撃にそなえるために、車びきの重い、土扉が閉まり、出入のたびに、いちいち鍵で開閉することになっている。
顎十郎捕物帳:14 蕃拉布 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
不治の病気に悩まされているという御縫さんについての報知が健三の心をげた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
高く貴き 駿河なる 布士高嶺
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
といふは春海のなりしやに覺え候。これは不盡の裾より見上げし時の即興なるべく生も實際に斯く感じたる事あれば面白き歌と一時は思ひしが今ま見れば拙き歌に有之候。
歌よみに与ふる書 (旧字旧仮名) / 正岡子規(著)
だから貧時にはせられ、富時にはに縛せられ、憂時にはに縛せられ、喜時にはに縛せられるのさ。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
朕祖宗遺列万世一系帝位カ親愛スル所ノ臣民チ朕カ祖宗ノ恵撫慈養シタマヒシ所ノ臣民ナルヲ康福ヲ増進シ其ノ懿徳良能ヲ発達セシメムコトヲ願ヒ又其ノ翼賛ニ国家ノ進運扶持セムコトヲ望ミチ明治十四年十月十二日ノ詔命履践大憲ヲ制定シ朕カ率由スル所ヲ
大日本帝国憲法 (旧字旧仮名) / 日本国(著)
すずめは、もうこれから、をなんのも、またくことがないといました。どうか、今夜無事ごしたいものだとって、じっとしてじて用意をしたのです。
春になる前夜 (新字新仮名) / 小川未明(著)
女の膚膩の健康な血をとおしている具合とを合体せしめる感覚にも感心せしめられるし、「誰が笥か持たむ」という簡潔で、女の行為が男に接触する程な鮮明を保持せしめているいい方も
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
然程光陰の如く傳吉は四五年勤めしが四季の給金臨時ひもの等り山となりて百廿兩程になりし故宿願に成就したりとりに古郷が懷敷主人の機嫌を伺ひ越後へ歸り度旨を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)