或る農学生の日誌あるのうがくせいのにっし
序 ぼくは農学校の三年生になったときから今日まで三年の間のぼくの日誌を公開する。どうせぼくは字も文章も下手だ。ぼくと同じように本気に仕事にかかった人でなかったらこんなもの実に厭な面白くもないものにちがいない。いまぼくが読み返してみてさえ実に …
作品に特徴的な語句
けい おわ たん なお むこ 正午しょうご ごく あたたか あつま 祖母そぼ ごう せん とく 石灰せっかい 大堰おおぜき 昨夜さくや いそ かわ さお 露出ろしゅつ あま 帳面ちょうめん がわ 調しら かぞ 肥料ひりょう わり まも こく 着換きが けん 見込みこみ へん 見附みつ 文章ぶんしょう おぼ おそ がき じつ くもり だれ ふく ぬす おと むか しゅ けん えが 種子しゅし 反対はんたい 田打たう 去年きょねん おさ 張合はりあ しき 事情じじょう 廿にじゅう こわ ごろ 仕付しつ 仕掛しか 結局けっきょく 代掻しろかき 以上いじょう つづ ため かたむ けむり 全級ぜんきゅう 立派りっぱ 気兼きが 生々いきいき 甘藍かんらん 腰掛こしか よこ ぐん つめ ほと 別々べつべつ 砂利じゃり 種類しゅるい いね かせ まど 空想くうそう 砂浜すなはま