“昨夜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆうべ80.0%
ゆふべ6.4%
さくや5.8%
よべ2.6%
ゆんべ2.5%
よんべ1.0%
ゆべな0.4%
きのう0.2%
ようべ0.1%
きそ0.1%
きのふ0.1%
こぞ0.1%
やぜん0.1%
ゆべ0.1%
コソ0.1%
ヨンベ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おれは昨夜あの混血児の女がりこんだ、薔薇百合の花を踏みながら、わざわざ玄関まで下りて行つて、電鈴の具合を調べて見た。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
昨夜は夜もすがら静にりて、今朝は誰れより一はな懸けに目を覚し、顔を洗ひ髪をでつけて着物もみづから気に入りしを取出
うつせみ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
法師はれいのとおり、寝間の前の、えんがわにいると、昨夜のとおり、い足音が裏門からはいって来て、法師をつれていきました。
壇ノ浦の鬼火 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
さらには、次の都へのお旅路とて、ふたたび、昨夜のごときご不安はおかけ仕りませぬ。いかようとも、われらお送り申しあげますれば
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
吾輩が昨夜焼いてしまった心理遺伝論のおしまいに、附録にして載せようと思っていた腹案の骨組みだけをんで話すと、こうだ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ただ翌朝『先生は昨夜は酒のんだ。けんど、日記さ付けんな』といつて甚だ上機嫌だつたのでおぼえてゐる。(昭和十三・六・二十二)
最上川 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
昨夜、土ぁ、みだぢゃぃ。」嘉ッコはしめった黒い地面を、ばたばた踏みながらひました。
十月の末 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
仙「何ういたしまして、昨夜さんと話をしたんですが、無闇にお侍の死骸を引取って、伯父の積りで葬式を出しましたから、若旦那がりゃアしねえかッて心配して居るんです」
一同張り合い抜けのでしてな。昨夜だって誰ひとり寝やしません。いったい団体客にな……いや、へへえ。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
昨夜こそはろとさ宿しか間遠ほゆ 〔巻十四・三五二二〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
昨夜は雅子さんの夢を見た。雅子さんに手紙を書かうかなどゝ朝のの中では考へた。川上さんの女の書生さんが見え、吉小神さんが来た。
六日間:(日記) (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
昨夜こそは く肌觸れ。 (歌謠番號七九)
モン長 なう、なや、我君! 我子追放歎悲りにへて、昨夜相果ました。此上にも老人をさいなむは如何なる不幸ぢゃ。
そういえば昨夜うちの師匠、親に似ぬ子は鬼っ子だって世にも腹立たしそうにいったっけ。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
「こそ」の係結の完成する前の形で、「わが哭くつま。昨夜こそは、易く膚触れ 妻」