“昨夜”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆうべ79.4%
ゆふべ6.9%
さくや5.9%
ゆんべ2.7%
よべ2.4%
よんべ0.9%
ゆべな0.5%
きのう0.3%
きそ0.1%
きのふ0.1%
(他:6)0.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“昨夜”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸54.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語20.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)9.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「そうかね。もっとも昨夜ゆうべ吉川さんに話をしてから手術の日取をきめる事にしようって云ったんだから、あたる訳は訳だね」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あくる朝の津田は、顔も洗わない先から、昨夜ゆうべ寝るまで全く予想していなかった不意の観物みものによって驚ろかされた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
人々は昨夜ゆふべのランプを吹き消して、それを思ひ思ひの花環ガーランドで飾り、恭々しく奉げて祭りの広場に集るのである。
山彦の街 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
「この手紙は昨夜ゆふべ宵のうちに格子の中へ投り込まれたらしいが、見付けたのは今朝掃除さうぢのときだ、お前の方は――」
『あゝ、何故なぜ此樣こん不運ふうん出逢であつたのであらう。』とわたくし昨夜さくやうみひたつて
毒蛾どくがですとも、昨夜さくや、ついこのベンチにこしをかけていたおとこが、あのされたのです。
公園の花と毒蛾 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「ヘエ。皆さん。今晩は……今台所の婆さんに洗わせよる、昨夜ゆんべまで玄海沖で泳ぎよった魚じゃけに、洗いに作らせといた」
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「酒田さん。私は昨夜ゆんべ、第一工場で貴方のお世話になった又野です。大火傷やけはたをしました製鉄所の職工です」
オンチ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
われは好機會を得て、昨夜よべの暴風と難船との事を敍し、前に友の雄辯もて遂ぐること能はざりしところをも、詞章もて遂げんとしたりしなり。
老い枯れし老婆の御身に嫌はるゝは、可惜あたら武士ものゝふ戀死こひじにせんいのちを思へば物の數ならず、るにても昨夜よべの返事
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
「はい、昨夜よんべ那裏あちらのお客様がおかへりになるかと思つて、遅うまで待つてをりやしたで、今朝睡うござりやす」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
早「あのー昨夜よんべねえ、わし貴方あんたたもとの中へ打投ぶっぽり込んだものを貴方ひらいて見たかねえ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
があ昨夜ゆべな、土ぁ、みだじゃぃ。」嘉ッコはしめった黒い地面を、ばたばたみながらいました。
十月の末 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
があ昨夜ゆべな、土ぁ、みだぢゃぃ。」嘉ッコはしめった黒い地面を、ばたばた踏みながらひました。
十月の末 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「ええ、昨夜きのうちょっと三味線堀を通ったら、馬春堂という幕が下がっているので、まあ珍しいとのぞいてみると、あなたの姿が見えないので、今日も通りがけに、そっと覗いて見たんですよ」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
仙「何ういたしまして、昨夜きのうとっさんと話をしたんですが、無闇にお侍の死骸を引取って、伯父の積りで葬式とむれえを出しましたから、若旦那がおこりゃアしねえかッて心配して居るんです」
昨夜きそこそはろとさ宿しかくもうへたづ間遠まどほおもほゆ 〔巻十四・三五二二〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
昨夜きのふは雅子さんの夢を見た。
六日間:(日記) (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
昨夜こぞこそは やすく肌觸れ。 (歌謠番號七九)
モン長 なう、なさけなや、我君わがきみ! 我子わがこ追放つゐはう歎悲なげきあまりにおとろへて、つま昨夜やぜん相果あひはてました。
大きくまたひとつ肯いた、やっと少しずつ文楽師匠のいう意味が分ってくるような気がした。そういえば昨夜ゆべうちの師匠、親に似ぬ子は鬼っ子だって世にも腹立たしそうにいったっけ。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
「フレップ酒ですか。昨夜ようべ一寸やって見ました。甘いんですね。」
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
いや、昨日の御行啓の後でして、なにしろ、樺太庁のお役人は来る、新聞記者は騒ぐ、それに軍人、商人、何々団員で、すっかり満員の大盛況で、実は家内中へとへとになったところで、今朝の切り込みで、それで見事にスカ喰ったんですからな。一同張り合い抜けのていでしてな。昨夜ようべだって誰ひとり寝やしません。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
「こそ」の係結の完成する前の形で、「わが哭くつま。昨夜コソこそは、易く膚触れ 妻」と言つた形らしく思はれる。