“相果”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あいは35.3%
あいはて29.4%
あひは17.6%
あひはて11.8%
あひはつ5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
老母、妻にも、こころざしは申し聞けず、様子にて、り候も不知、いよいよ相果て候わば、の儀、御芳志たのみ奉り候。
命数尽きざるな深傷でも、数十ヶ所縫う様な傷でも決して死ぬものじゃアない、又万一療養相叶わずして相果る事があれば
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
に此の一念通じ候て、ともかくも御披被下候はば、此身は直ぐ相果て候とも、つゆには不存申候
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
矢庭に二人とも生捕引立しは心地よくこそ見えたりけりて二人とも入牢申付られしが吉原に手負の平四郎は四日相果し故檢視
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
寒風に吹晒されまで氷りて針金の如くなれば進退に極まりて兎にも角にも此處で相果る事かと思ふりなり時に吉兵衞倩々思に江戸表へ名のり出て事露顯に及時は三尺き木の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)