“茲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ここ71.7%
こゝ24.6%
ココ1.4%
コノ0.7%
コヽニ0.7%
0.4%
カク0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に透き写す、これで見ると、蝶や農鳥は、雪がその形をするのだが、農男は、雪に輪を取られた赭岩が、人物の格好に見えるらしい
雪の白峰 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
爾来同志を糾合し、相共に此問題を研究し来りしが、時機到来し、に一小雑誌を刊行して我が同胞にゆるの栄を得たるを謝す。
「平和」発行之辞 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
ニ、今年七月十五日ノ生辰ヲ期シ、又モ十万貫ノ不義ノ財貨ヲカニ都門東京ヘ輸送セントス。天冥コノ不義ヲ許スベケンヤ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
トセ成田香火者搭船常シテ于橋岸行客、是以俗呼行徳河岸行徳船、余亦臨搭船
京山老人醒リヲ長兄忘レタル我歟、余愕然トシテルコトヲ、時船着行徳之岸舟中之人皆上岸、不叨吐欵スルコトヲ
て以て盟ひてく、若しはば、に朕が身をはむ。皇后の盟ひたまふことた天皇の如し。丙戌車駕宮にり給ふ。己丑、六皇子共に天皇を大殿の前に拝みたまふ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)