“豈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あに75.9%
19.1%
アニ4.0%
まさか0.5%
よも0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然れども吾人、偏狭ら甘んぜんや、凡そ道義を唱へ、正心を尊ぶもの、釈にも儒にもあれ、吾人んぞ喜んで袂を連ねざらんや。
「平和」発行之辞 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
然るを、んや今隈公は余のこれに与かるを許し、諸君はだこれを擯斥せず、に微力をこの間に尽さざるを得んや(喝采)。
祝東京専門学校之開校 (新字新仮名) / 小野梓(著)
ニ、今年七月十五日ノ生辰ヲ期シ、又モ十万貫ノ不義ノ財貨ヲカニ都門東京ヘ輸送セントス。天冥コノ不義ヲ許スベケンヤ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
女と云ふ者は一体男よりは情がであるべきなのだ。それが濃でないと為れば、愛してをらんと考へるより外は無い。にあの人が愛してをらんとは考へられん。又万々そんな事は無い。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
拍てオヽ然樣かたりと云ながら店へ駈出ければ女共は彌々が分らずてぞ居たりける是出しの事ゆゑや弟長兵衞が年の押迫つて來やうとは思はずも是まで平常逢度ふ一心より九死一生の大病なりと手紙に
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)