“よも”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
四方88.5%
豈夫4.2%
2.1%
1.0%
四辺1.0%
四邊1.0%
夜守1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飄々四方の旅——は、は、とうとう、今は、江戸で、盛り場、神社仏閣のうらない者——が、久々で、めぐりあえて、うれしいのう
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
ながら長八に向ひ紙屑買の道にひて二百文出し案内を頼みて來ると云者が江戸しと雖もあるべきや餘り馬鹿々々敷事なり御前も無筆にては豈夫まじ町内々々には町名札があれば其の町名を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
になってもをもけず、すがららず、にも自分捕縛され、がれはせぬかとただそればかりをんでいるのであった。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
『湖山楼詩稿』に「日陰雲四塞。」〔是ノ日陰雲グ〕といってある。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
また、メルチセデクのことや、雀共のことや、天窓から頭を出すと見える四辺の景色のことなど聞くと、屋根裏部屋は面白い所のように思われるのがあたりまえです。
自然と云ひ人事と云ひ、一として我心の憂を長ずるとならざるものなし。暗黒なる橄欖の林はいよ/\濃き陰翳を我心の上に加へ、四邊の山々は來りて我を壓せんとす。
かいに長き夜守るやヴァイオリンはどうだい。東風君、新体詩でそんな事が云えるかい
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
拍てオヽ然樣かたりと云ながら店へ駈出ければ女共は彌々が分らずてぞ居たりける是出しの事ゆゑや弟長兵衞が年の押迫つて來やうとは思はずも是まで平常逢度ふ一心より九死一生の大病なりと手紙に
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)