“よつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヨツ
語句割合
亥刻54.6%
巳刻12.4%
10.3%
3.5%
2.7%
四歳2.4%
世嗣1.5%
亥時1.5%
1.2%
1.2%
0.9%
四刻0.9%
十時0.9%
四個0.6%
四頭0.6%
0.6%
0.6%
二更0.3%
0.3%
四時0.3%
四箇0.3%
四隻0.3%
団欒0.3%
0.3%
戌刻0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お客の帰った跡の取片付けを下役に申付けまして、自分は御前をり、小梅のお屋敷を出ますと、浅草寺亥刻の鐘が聞えます。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
一行が市村座へついたのは巳刻(午前十時)すぎで、茶屋からすぐ桟敷へ通ると、をおろして無礼講の酒宴がはじまった。
まだてない便宜に、あからめもしないで二人つて、つて、ツのをぱつちりときした。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
の如き獅子身中の虫を退治せんが為めに本組合に彼を除名することの決議をして貰ひたい——緊急動議の要旨はれである
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
て母と遠江国井伊谷に至り、の菅沼治郎右衛門忠久の家に寓す。後徳川家康の今川義元のに在るや、其の側に侍す。で義元の子氏真に仕ふ。
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
おのれが乗物の顔して急ぐ気色も無くる後より、蚤取眼になりて遅れじと所体頽して駈来る女房の、嵩高なる風呂敷包をくが上に、四歳ほどの子を背負ひたるが
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
どうしてもよい世嗣ぎを定めねばならぬ。この多事な日に、内は諸藩の人心をめ、外は各国に応じて行かねばならぬ。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「お由良は昨夜亥時(十時)過ぎに、お關母子のところへ來て、あんまりひどいことを言ふから、腹を据ゑ兼ねて毒の入つてゐる酒を呑ませたといふんだ」
その個人經濟状態是非なく粗惡我慢せねばならぬもあり、是非なく過量美味はねばならぬもある。
建築の本義 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
に好む所に、永く願はくは人間を辭せん、といつてゐる位に、名山の中にまでも浸りたがつた先生である。
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
三升目印門前すにぞ、のど往来かまびすしく、笑ふ富士筑波にひゞく。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
もう四刻をまわっている。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
横網の河岸を五六間入ると、大きくはないが二階造りで、表に「葉名家」と軒行燈が出ている。——ようやく十時になったばかりであろう、間に合ってくれれば宜いと、勝手知った庭口から入った。
お美津簪 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
必らずしも雨霰の如くに小歇なくバラバラ降るのではなく何処よりとも知らず時々にバラリバラリと三個四個飛び落ちて霎時み、また少しく時を経て思い出したようにバラリバラリと落ちる。
池袋の怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
三頭四頭も一斉に吠え立てるのは、前途浜際に、また人家が七八軒、浴場、荒物屋など一廓になってるそのあたり。彼処通抜けねばならないと思うと、今度は寒気がした。
星あかり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
だがねえお八重さん、お定さんもだ、まあく考へて見るたね。俺は奈何でも構はねえが、彼方へ行つてから後悔でもする様ぢや、貴女方自分のたからね。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
もいま神樂坂上割烹魚徳)の先代が(威張り)とばれて、「おう、うめえはねえか」と、ぱらつてるから盤臺何處かへれて、天秤棒ばかりをりまはして歩行いたで。……
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
り世間も何だか騷々しく本もでも身に成ませねば二更でも打て親父が寢てからと忍んでゆき御本
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ばあさんにも、おのぶにも少しも気がつかなかつた様子でしたが、私は子供心に此老夫婦のの中には私の一銭銅貨がほど役にたつて居るといふことを気づき升た。
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
で、ホッと安心し、顔色を直した十兵衛が、明日は四時立ちで帰家ると云い、隣室へ引き取って行った後を、長庵胸へ腕を組んだが、さてこれからが大変である。
村井長庵記名の傘 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
四箇頭顱はラムプの周辺に寄る池のの如くれり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
その声を聞くとひとしく、白糸は背後より組み付かれぬ。振り払わんとする間もあらで、胸もぐるばかりの翼緊めにえり。たちまちくれたる四隻の手は、乱雑に渠の帯の間と内懐とをせり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
に世の中は不幸なる人の集合と云うても差支ない程です、現に今ま団欒てる五人を御覧なさい、皆な社会不具者です、渡辺の老女さんは
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
すつかり自分と蝙蝠傘とを取り違へ、傘を暖炉に暖ためながら、自分はぴて壁にれてゐたといふことだ。
小「お前さんは酒を三杯飲んだろうが、私は待ってる間におを二タ切焼いて呉れたぎりだから腹がって仕様がない、もう直に戌刻になりますから早くきましょう」
唯日本、蕞爾たる孤島にて、(中略)行ふこと能はず。其の亡滅を取ること必せり。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
はんとする山猿よ、無芸無能もたれ総身智恵りかぬるよ、狼狽よ、白粉せて成仏せん艶治郎
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
差遣はすべし山中に地獄谷と云處あり此所にて兩人を谷底突落して殺し給へ必ず仕損ずる事あるまじ其留守には老僧天一を片付申すべし年はたれどもまだ一人や二人の者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「ヘエ、そしてちやん、う牢屋へ行らしつたのですか」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
燗瓶をした。銀之助は会社から帰りに何処かで飲んで来たと見え、此時にやゝて居たのである。
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)