“総身”のいろいろな読み方と例文
旧字:總身
読み方割合
そうみ69.7%
そうしん25.8%
からだじゅう1.5%
さうしん1.5%
さうみ1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるいは夜叉神のお怒りで、この鬼の面がとれなくなるのでは無いかと思うと、わたくしはいよいよ総身にひや汗が流れました
半七捕物帳:65 夜叉神堂 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
思わず飛上って総身を震いながらこの大枝の下を一散にかけぬけて、走りながらまず心覚えの奴だけは夢中でもぎ取った。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
総身の血は一緒になって一時に御頭へ突きかかるようでした。もうもうえ切ないという御様子で、舌なめずりをして、御自分の髪の毛を掻毟りました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
の様にかつた。代助は強いても仕舞迄読み通さなければならないと考へた。総身が名状しがたい圧迫を受けて、からが流れた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
両手をかけてへて反返るやうにして、うむと総身れた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)