“総々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふさふさ71.4%
そうぞう14.3%
ふさ/\14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雪の降る時は好んで棕櫚で編んだ、まるでのような笠をります。深い形で頭のみならずまで総々した棕櫚毛でうように作られてあります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
各戸その一けん/\を一トこま二タこまという呼び方をしていることや、総々でそれが百四十七こま九十九世帯あることや
雷門以北 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
す花見ても知れおしなべてめづるはる初めなりけり」という歌の心は、めは誠にどうも総々とした此の牡丹は何うだい、いねえ水を上げたところは、と珍らしがって居りますが
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)