“総角”のいろいろな読み方と例文
旧字:總角
読み方割合
あげまき93.3%
そうかく6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事実に触れるでもなく書かれてある総角あげまきの姫君の字の美しさに、やはり自分はこの人を忘れ果てることはできないであろうと薫は思った。
源氏物語:49 総角 (新字新仮名) / 紫式部(著)
「途方もなき玄蕃かな。勝家、今日まで、一度も不覚を取らず、敵に総角あげまきを見せたこともなきに。……ああ、ぜひもなや」
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
風聞にれば総角そうかくの頃に早く怙恃こじうしない、寄辺渚よるべなぎさたななし小舟おぶねでは無く宿無小僧となり、彼処あすこ親戚しんせき此処ここ知己しるべと流れ渡ッている内、かつて侍奉公までした事が有るといいイヤ無いという
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)