“喪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うしな65.1%
19.8%
うし3.2%
ほろぼ2.2%
うしの2.2%
2.2%
そう0.7%
なく0.7%
はて0.7%
0.7%
なくな0.4%
0.4%
はふり0.4%
ほう0.4%
ほろ0.4%
ウシナ0.4%
ウシノ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は石狩本流の絶壁から墜落したトタンに、そうした記憶をスッカリっていたのです。ええええ。事実ですとも事実ですとも……。
キチガイ地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
いかに秘しても、信玄のは諸国に洩れた。機逸すべからずである。——上杉は急撃して来た。小田原の北条も態度がちがって来た。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もうその時が来たかのように、志保が色をなって考えこむのを見たお萱は、却ってうろたえたように急いでうち消した。
菊屋敷 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
天の将に斯の文をさんとするや、後死の者斯の文に与るを得ざるなり。天の未だ斯の文を喪さざるや、匡人其れを如何せんと。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
初めてうて鰥居無聊でて遊ばず、門につて佇立するのみ。十五尽きて遊人なり。丫鬟を見る。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
佐兵衞夫婦は丁度生れたばかりの總領をくして、悲歎にくれて居る時だつたので、そのまゝ總領の乳母を留め置いて彌三郎を育てました。
檀弓に見えて居る通り、子上の母死してせずの条によれば、孔子の御孫の子思子が妻を去られたことは分明である。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「その間にお内儀がなった、——文三郎はそれを、お半の手に掛って毒害されたものと早合点して、寺へ手紙などを出したが、お内儀の死んだのは全くの病死だった」
長雨空のぎて、さすや忽ち薄日影
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
さうした期間に亘つて、生魂を身に固著しめようと、試みをくり返した。此期間が、漢風習合以前の日本式のであつたのである。
両親の歿つたのも、であれ、貴方であれ、かうして泣いて悲む者は、ここに居る二人きりで、世間に誰一人……さぞが喜んでゐるだらうと思ふと、唯親をしたのが情無いばかりではないのですよ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
旦那のえ後は、いわばお前さんがこの家の元締め、で、お前さんだけあ、手を下ろす前に耳に入れておきてえんだが、繩付きどころの騒ぎじゃねえぜ。
ここにその須世理毘賣は、一〇を持ちて哭きつつ來まし、その父の大神は、すでにせぬと思ほして、その野に出でたたしき。
カークをはじめ一人も声がなく、けて死人のようになってしまった。
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
悔悟すれども膺懲の奇策なければ淪胥ぶるの外致し方なし。また京師の一条も幕府最初の思い過ちにて、追々糺明あればさまで不軌を謀りたる訳にこれ無く候えば、今また少しく悔ゆ。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
 ——王、太子(将軍の世子)ヲウテ、後宮、マタ子ヲ産ムナシ。僧隆光、進言シテ云フ、人ノニ乏シキ者、ミナ生前多ク殺生ノイナリ。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
王(将軍綱吉のこと)先ニ太子(将軍の世子)ヲウテ、後宮マタ子ヲ産ムナシ。護持院ノ隆光、進言シテ云ウ。人ノニ乏シキハ、生前ミナ、多ク殺生ノ報イナリ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)