“喪服”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もふく94.4%
そうふく5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、より以上、衆目をそばだてしめたのは、壇下に接して、筑前守秀吉が、喪服した三法師を膝にのせ、けろと、とり澄ましていることだった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
二人とも縮緬と絹の喪服を着てゐて、そのくすんだ黒つぽい服裝が、殊更に二人の美しい首と顏とを引立たしてゐた。
孝孺喪服して入り、慟哭してみ、声殿陛に徹す。帝みずからりてらいて曰く、先生労苦するれ。我周公成王けしにらんと欲するのみと。孝孺曰く、成王いずくにかると。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)