運命うんめい
世おのずから数というもの有りや。有りといえば有るが如く、無しと為せば無きにも似たり。洪水天に滔るも、禹の功これを治め、大旱地を焦せども、湯の徳これを済えば、数有るが如くにして、而も数無きが如し。秦の始 …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 従容しょうよう あと 麾下きか 慷慨こうがい 凋落ちょうらく 土耳古トルコ たみ いた 峻厳しゅんげん 喊声かんせい 忌憚きたん 淋漓りんり 震駭しんがい 手足しゅそく 我邦わがくに 筑紫つくし つつし 冥土めいど 重畳ちょうじょう 烱々けいけい 山麓さんろく 鶏卵けいらん 一足いっそく 南京なんけい せん げき たお 齟齬そご 外道げどう 伺候しこう たつ ねぎら しょく 乾坤けんこん ほこ 情誼じょうぎ つと ほこ 月日げつじつ 沙門しゃもん 疑懼ぎく 縊死いし 干戈かんか てん 水滸伝すいこでん ばつ えっ きん ふう 陋巷ろうこう けい えい 解脱げだつ つぐな しん 晏如あんじょ やく とも 堅牢けんろう 太息たいそく 恐懼きょうく 成敗せいばい 黙祷もくとう さき でん そむ 叱咜しった しょ そそ 震撼しんかん 行末ゆくすえ 劈頭へきとう 世故せいこ 京師けいし なら きん 五色ごしき 先鋒せんぽう はく 遺骸いがい 怏々おうおう 北京ぺきん 自若じじゃく 遺書いしょ つとめ 風丰ふうぼう 兇器きょうき 崛起くっき 霏々ひひ 山谷さんこく まつりごと あな