運命うんめい
世おのずから数というもの有りや。有りといえば有るが如く、無しと為せば無きにも似たり。洪水天に滔るも、禹の功これを治め、大旱地を焦せども、湯の徳これを済えば、数有るが如くにして、而も数無きが如し。秦の始皇帝、天下を一にして尊号を称す。威燄まこ …
作品に特徴的な語句
じょ しいて なか たてまつり わざ あらぬ つい ふるき へだ もう こもごも よみ みだ さだまり ゆる はななだ さかずき つまび そう つい なりなん きよき りつ とこしえ たの かか 俯伏ふふく かたえ くいしば うつ きょ やぶ たまたま ことごと ちょく 退たい まま いん およ しょう たてまつ つぶさ にわか あらず しん ばく すなわ まか たまたま あた なん みゆき ただ 御座おわ ここ あえ しじ むか うわべ なお ちょ しょう もし しらべ ぼう のっ せい げん しょ しきり とど いん ねぎ きゅう みな なげき こん さい けっ とら さしば ひと つく