“塞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふさ80.5%
ふさが6.7%
つま3.7%
2.1%
つか0.9%
とざ0.9%
ふた0.8%
0.6%
さい0.5%
せき0.4%
0.4%
0.3%
とりで0.3%
はだか0.3%
ふさぎ0.3%
さえ0.1%
さは0.1%
さや0.1%
そこ0.1%
0.1%
づま0.1%
0.1%
ふたが0.1%
ぶさ0.1%
ぷて0.1%
0.1%
フサ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千兩箱は大晦日の晩から積んであつて、松のうちはその儘にして置くさうです。床の前はがつて居るから誰も氣が付きやしません。
うど——ん、という声を続けるところで急に咽喉ってしまったらしいから、せっかくの余韻圧殺されたような具合であります。
『ハ、。』とつた樣に言つて、山内は其さうな眼を一層狡さうに光らして、短かい髭を捻つてゐる信吾の顏をちらと見た。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
西東長短のを分かって、離愁暮雲相思かれては、う事のくなりまさるこの年月を、変らぬとのみは思いも寄らぬ。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
何しろ僕はこれを見ると同時に一種の寒気を覚えていともしいとも言いようのない思が胸にえてちょうど、鉛のが胸をしつけるように感じました。
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
彼は町から以来と云うものは、全く不安にされたままで、ただと朝刊に、不安な目を向けているだけであった。
「我が身は成り成りて、成り餘れるところ一處あり。この吾が身の成り餘れる處を、汝が身の成り合はぬ處に刺しぎて、國土生み成さむと思ほすはいかに」
吾子よ。吾子の爲了せなんだび心で、吾子よりももつと、わるい猛び心を持つた者の、大和に來向ふのを、待ち押へ、へ防いで居ろ、と仰せられた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
後又、北はを出でゝ元の遺族を破り、南は雲南を征して蛮を平らげ、陝西に、或はに、旗幟の向う所、に功を成す。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「あはにな降りそ」は、諸説あるが、多く降ることれというのに従っておく。「なさまくに」はをなさんに、となるだろうからという意で、これも諸説がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「そうです、そうです。けれどもれが僕のし得るかぎりの秘密なんです。」と言ってらく言葉を途切し、気をめて居たが
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
ここにその神の髮をりて、その室のごとに結ひ著けて、五百引一二を、その室の戸に取りへて、その須世理毘賣を負ひて
「温めて永い間生かしてやる。のぼろをみんな持って来い、温めてふとらせてやる。貝ノ馬介が死んで生れて来たのだ。」
源助はニタリ/\相好を崩して笑ひ乍ら、入口に立ちつたが
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
人或ひは鬼の力によりて地にひかれ、或ひはにさへられて倒れ、やがて身を起せども、おのがたふれし次第をしらねば 一一二—
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
九八 路の傍に山の神、田の神、の神の名を彫りたる石を立つるは常のことなり。また早池峯山・六角牛山の名を刻したる石は、遠野郷にもあれど、それよりも浜にことに多し。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
かれその伊耶那美の命にけて黄泉津大神といふ。またその追ひきしをもちて、道敷の大神二一ともいへり。またその黄泉の坂にれる石は、道反の大神ともいひ、へます黄泉戸の大神ともいふ。
泉津平坂にります千引石を道返しの大神といい、磐長姫が皇孫の召し給わぬを恥じ恨みて、うつしき蒼生は木の華の如くに衰えんとわれた事から察せられ、又磐が神のいます神聖なる場所で
山の今昔 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
肖古」「速古」といふのは「」で、滿洲語のヂヤハ、日本で「關」といふものと同じ意味で同じ言葉であります。
近畿地方に於ける神社 (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)
彼女一流の雰囲気の含まれた言葉で、恋愛も恋愛だが、生活や母性愛の悩みもあって、今までの生活は行きまりが来たので、打開の道を求めようとしたのが、何といっても文学が生命なのだし
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
近代のだしい騒音やった苦悶を描いた文芸の鑑賞に馴れた眼で見るとまるで夢をみるような心地がするが、さすがにアレだけの人気を買った話上手な熟練と
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
三「死んだのじゃアねえ今じて来たのだが、アヽこれっ切りに成るかしら、あゝもうとても助かるまい」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
唐楪葉は高く立ちて、折しく一羽の小鳥来鳴けり。宮が胸はうつとりぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「へッ、その大玄関は張物板でがっていますよ——木戸から庭を覗いて下さい、親分が煙草の煙で曲芸をしているはずだから——と、奥方様がおっしゃる」
「そんぢや、でおツえたんでもあんびや」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
即ち阪をきて返り入りましき。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
サヘ、四面海ノ三方ヲガレ、国中ノ兵糧ハ知レタモノナリ。コノ一事ヲ以テモ、上方勢ト取合フコトノ無益ハ、匹夫モルベシ。ニ一ツモ相対スベキ勝味ハ無キ
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)