仮装人物かそうじんぶつ
庸三はその後、ふとしたことから踊り場なぞへ入ることになって、クリスマスの仮装舞踏会へも幾度か出たが、ある時のダンス・パアティの幹事から否応なしにサンタクロオスの仮面を被せられて当惑しながら、煙草を吸お …
作品に特徴的な語句
ほろ いちご あゆ 歯痒はがゆ 対峙たいじ 烏賊いか 神田かんだ 悧巧りこう 紫檀したん 流暢りゅうちょう 長火鉢ながひばち 越後えちご 裏店うらだな 見馴みな 気儘きまま 采配さいはい 不機嫌ふきげん 鬱憤うっぷん 煙草盆たばこぼん あと 呂律ろれつ 忖度そんたく 下卑げび 物憂ものう 井桁いげた もも 音沙汰おとさた かも 勃発ぼっぱつ 和泉いずみ 胡麻化ごまか 斡旋あっせん 編輯へんしゅう 造詣ぞうけい 仮借かしゃく 板塀いたべい 芙蓉ふよう すぎ 根柢こんてい 目貫めぬき 四谷よつや 敷衍ふえん 腹癒はらい 手蔓てづる 唐草からくさ 神楽坂かぐらざか 武蔵野むさしの 困憊こんぱい かす 八百屋やおや 有耶無耶うやむや 胡座あぐら こて 無沙汰ぶさた 石膏せっこう 眉目びもく ござ 緋鯉ひごい 素朴そぼく 頑張がんば 些事さじ 小雨こさめ 未曾有みぞう 清楚せいそ 脚気かっけ 鳶色とびいろ 威丈高いたけだか 絨毯じゅうたん 逗子ずし 際立きわだ 闖入者ちんにゅうしゃ 仕来しきた 煎茶せんちゃ 窓際まどぎわ 音頭おんど 閃光せんこう 厭気いやき 廃頽はいたい 沮喪そそう 硝子窓ガラスまど 向島むこうじま 書肆しょし 疼痛とうつう 夢現ゆめうつつ 寒気さむけ 悪戯者いたずらもの 海嘯つなみ 呑込のみこ 姐御あねご 幽邃ゆうすい 磨硝子すりガラス 風貌ふうぼう 片頬かたほお 婉曲えんきょく 情誼じょうぎ 手蹟しゅせき 共謀ぐる 意嚮いこう