仮装人物かそうじんぶつ
庸三はその後、ふとしたことから踊り場なぞへ入ることになって、クリスマスの仮装舞踏会へも幾度か出たが、ある時のダンス・パアティの幹事から否応なしにサンタクロオスの仮面を被せられて当惑しながら、煙草を吸おうとして面から顎を少し出して、ふとマッチ …
作品に特徴的な語句
ぜりふ うなず づま 逍遙ぶらつ さも たの ばた 吝嗇しみっ かん ずる ひと 可憐しおら がお 分明わかり かた つき 嗚咽すすりな かぶ かた 悒鬱じじむさ さえず ふか 機会きっかけ はた ふとこ わなな ほぐ 幕間インタアブアル 干渉せっかい たかぶ 下手げて 悒鬱うっとう ごしら 細々こまこま かか くしけ ばなし 饗応ふるま ばさ あが うつ 懈怠げたい かたわ かわ なま 気立けだ ほう 心地ごこち 退さが とど 閑寂ひっそり かかわ 収穫みいり おく はず 剪刀ナイフ 漂浪さすらい ぶみ 憧憬しょうけい ぎら 顎骨がっこつ 片々きれぎれ けぶ 狡獪わるごす 今日こんち うる ほと 挙動ふるま 黒蛇くろじゃ はた 忿おこ づる ささ