“収穫”のいろいろな読み方と例文
旧字:收穫
読み方割合
とりいれ51.4%
しゅうかく25.7%
とりい8.6%
みいり5.7%
みのり2.9%
かりいれ1.4%
とり1.4%
とる1.4%
とれ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
収穫といえば、すぐに晩秋の野における農夫の労働生活が思われる。これは激しい汗みずくな、しかしまた楽みにも充ちたものである。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
九月は農家の祭月、大事な交際季節である。風の心配も兎やらうやら通り越して、先収穫の見込がつくと、何処の村でも祭をやる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
音吉が百足の頭部を、そしてわたしが尾端を恭しくさゝげ霜柱を踏みながら、収穫れの済んでゐる芋畑の丘に登つた。
山峡の凧 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
それにしても収穫の悪いのに慣れている彼の金の使いぶりは、神経的に吝々したもので、計算に暗いだけになお吝嗇たれていた。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
今に屹度、松埃がかかって収穫が悪いがら、小作米を負けてくれとか、納められねえどか、屹度はあ小作争議のようごとを出かすに相違ねえ野郎共だから。
黒い地帯 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
も共に抜かん。ふたつながら収穫まで育つに任せよ。収穫のときわれ刈る者にまず毒麦を抜きあつめて、焚くために之を束ね、麦は集めて我が倉にいれよ
いつたい一町歩からにしてどの位お収穫になりますか、ひとつ承はり度う存じますが。
……百姓達はまだ、あの田から、まだこの秋にならなければ、ほんとの米を収穫ことは出来ないのだ。祭りをしても、それは随分苦しい中の才覚だろう。
(新字新仮名) / 吉川英治(著)
恐らく殿様も、おりはなされまい。——心配せんでいい。この秋には、新田から少なくも一万石の米が収穫るだろう。年ごとにもっと収穫てゆくぞ。
(新字新仮名) / 吉川英治(著)