“雑穀”の読み方と例文
読み方割合
ざっこく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
チビ公の母は病気がなおってから店のすみにわずかばかりの雑穀を並べた、黙々先生はまっさきになって知人朋友を勧誘したので、雑穀は見る見る売れだした。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
ここに考えられることは土佐堀雑穀美濃屋九兵衛に利太郎と云うぼんちがあったなかなかの放蕩者でかねてより遊芸自慢であったがいつの頃よりか春琴の門に入って琴三味線を
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
隣村を白根村という。この白根村は、雑穀のできる農村であった。
宇宙戦隊 (新字新仮名) / 海野十三(著)