春琴抄しゅんきんしょう
○ 春琴、ほんとうの名は鵙屋琴、大阪道修町の薬種商の生れで歿年は明治十九年十月十四日、墓は市内下寺町の浄土宗の某寺にある。せんだって通りかかりにお墓参りをする気になり立ち寄って案内を乞うと「鵙屋さんの墓所はこちらでございます」といって寺男が …
作品に特徴的な語句
さが ふしど がと ひと 嬰児ややこ だましい てて うま 白粉しらこ めい こぼ おろ とう てき さが 内外ないげ しょう おの うも かち ぱな 周章しゅうしょう いくば ぎぬ とも こく きょう とど 憧憬しょうけい 良縁りょうえん きっ 某寺ぼうじ 退さが 高音こうね はず こう こう そね あや かたじけの 頭髪とうはつ ひそ 故郷こきょう くん 山峡さんきょう 口惜くちお はば 僭上せんしょう つく どころ のの さお 寂然じゃくねん 技巧ぎこう かご かか ないがし きび はた 音響おんきょう こお おとな むな 贈答ぞうとう ただ 盲目もうもく やわら 盲人もうじん くれ 後生こうせい ぼう きたな かろ 一戸いっこ はず いた あや さい