“盲目”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めくら79.1%
めしひ6.4%
もうもく5.2%
めしい4.8%
まうもく2.0%
おめく0.4%
めぐら0.4%
めつかち0.4%
めんない0.4%
マウモク0.4%
メクラ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盲目のお婆さんは、座が定ると、から手拭を出して、それを例のごとく三角にしてつた。暢気な鼻唄が唸るやうに聞え出した。
(新字旧仮名) / 田山花袋(著)
南さんは行者久さんと云ふ盲目で名高い音曲の師匠の弟子の一人でした。小いうちから琴も三味線も胡弓も上手だつたのです。
私の生ひ立ち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
このとき、盲目母親きながら、十五、六のが、雪道いていきました。母親三味線えていました。旅芸人です。
雪消え近く (新字新仮名) / 小川未明(著)
その途端に、暴風のような長屋の同胞たちの喚きに交じって、ひとりの盲目が、取りみだして叫ぶ声を彼は聞きのがさなかった。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこに盲目尊敬ずる。盲目尊敬では、それをさしける對象正鵠てゐても、なんにもならぬのである。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
もともとでは、長唄が一日、二絃琴が一日と隔日にというのを、盲目の勝梅さんの方はトットとすませて二絃琴に通うのだった。しまいには、勝梅さんは三日おき四日おきにしかいかなくなった。
そんだがお内儀さん盲目奇態で、麥搗でも米搗でも畑耕でもでも百姓仕事んでさ、りにやえんだなんていふんだがそんでも奇態なのせどうも
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ところがあなたの眼はヷルカンを見てゐる——正眞正銘の鍛冶屋で、色が黒くて、肩幅の廣い。おまけに盲目跛足ときてる。
此方昔馴染のヸーナス殿めさっしゃい、乃至盲目息子殿のコーフェーチュアのさんが乞食娘れた時分
謡曲には、弱法師と言ふ表題になつてゐる。盲目の乞食になつた俊徳丸が、よろ/\として居るところから、人が渾名をつけたといふことになつてゐる。
信太妻の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
盲目になつて如何するの」
不可入性 (新字旧仮名) / 中原中也(著)