“暢気”のいろいろな読み方と例文
旧字:暢氣
読み方割合
のんき99.7%
のんびり0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盲目のお婆さんは、座が定ると、から手拭を出して、それを例のごとく三角にしてつた。暢気な鼻唄が唸るやうに聞え出した。
(新字旧仮名) / 田山花袋(著)
「お前はそんな暢気なことを言うが、旦那が亡くなった時に俺はそう思った——俺はもう小山家に縁故の切れたものだと思った——」
ある女の生涯 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
百年も昔の人に生れたような暢気した心持がしました。僕はこういう心持を御土産に東京へ持って帰りたいと思います
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)